バナナコード
名古屋に拠点を置くシステム開発、WEB制作会社「バナナコード」
サーバー構築、保守、お引っ越しのご紹介です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

サーバー構築が得意です。サーバーの保守、お引越しはお任せください。

構築、運用経験のあるサーバーについて

バナナコードではサーバー構築やインフラ設計が得意なスタッフがいます。以下は構築、経験のあるリストになります。

  • Amazon AWS
     ・EC2/ECS/ECS Fargate/RDSなど
  • IDCFクラウド
  • さくらレンタルサーバー、さくらVPS
  • Xserver
  • ロリポップ
多くの人気サイトが採用するAmazon AWSから低価格で人気のロリポップまで幅広く経験を積んでいます。低価格なサーバーにおいても手を抜くこと無くWAF等を積極的に設定して、できる限りの安全性向上の取り組みを行っています。

価格と機能のバランスを考えてお客様にサーバー構成のご提案を行います。サーバーが苦手だと思われている方々にも安心できるサポートを用意しています。

ハイエンド Amazon AWSについて

AWSは「Amazon Web Services」の略で、Amazon社が提供しているクラウドのサーバーです。もともとはAmazon社の通販のノウハウやプラットフォームを活用し、サーバやストレージ、データベースなどをインターネット経由で利用することができるようにしたのが始まりでした。

以下が人気の理由です。

  • 最先端の技術
     自社でラボを作って研究開発を続けている
  • 世界シェアがナンバー1
  • 国内外どこにいてもサーバーの操作が可能
     海外へのオフシェアがやりやすい
  • 初期費用なしでとりあえずお試しできる
日本国内でも絶大な人気があります。ただし欠点もあります。

  • 見積もりが難しい
  • 技術についていけない
  • 翻訳されていない技術文書が多い
バナナコードではこれら欠点を補うサポートが可能です。わかりやすい説明をすることができます。見積もりも行うことができますので、サーバー移転を計画されている場合は、ぜひご相談ください。
Amazon AWS

WordPressならKusanagi

コンテンツ制作で人気のあるWordPressにオススメなのが、KusanagiというWordPressが高速に動作するように専用設計されたOSです。

Kusanagiの特徴

  • WordPressが速く動くような専用設計
  • SSLなどの自動更新
  • バックアップなどの安心サポート
バナナコードには、Kusanagiを使ってWordPressを構築した構築実績は200サイト以上ございます。必ずしもKusanagiを利用する必要はございませんが、例えばレンタルサーバーで人気の「ConoHa」では、標準でKusanagiをサーバーのOSとして選択することができます。ロドバランサーやWAFを挟んだWordPressによる大規模構成を設計することもできますので、お気軽にご相談ください。

また、以下のレンタルサーバーで標準でWordPressをインストールする機能があります。難しいインストール作業無しのボタンクリックでWordPressを利用することができます。バナナコードにご相談ください。

  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ
  • Xserver
以上のようにバナナコードはWordPressに強い会社です。
Kusanagi for WordPress

サーバー移転の流れ

  1. ご要望のヒアリング
    (サイトの規模とご予算、現状のサーバー環境をお聞きします)
  2. お見積りとお引越しスケジュールの作成
  3. ご発注
  4. サーバー移転計画書を作成
  5. お引越し
  6. 動作確認